本州最南端の潮岬へ!和歌山県バイク旅➁

日本地図の石碑
スポンサードリンク

橋杭岩の目の前にある紀伊大島。

本州最南端へ向かう前に、
くしもと大橋を渡り樫野埼灯台を目指します。

この樫野埼灯台は、
明治時代にトルコの軍艦が座礁し岩礁に乗り上げた事故があった場所で、

事故の記念碑やトルコ記念館、
トルコアイスや民芸品が売っているお店など
トルコと関わりの深い地域となっています。

スポンサードリンク

トルコ人の銅像

灯台付近の海岸

樫野埼灯台

樫野埼灯台

下から見上げる樫野埼灯台

この樫野埼灯台は、
無人の灯台で内部には入ることが出来ませんが、
螺旋階段を登って美しい景色を楽しむことが出来ます!

灯台から見下ろす海岸

かすかに見える本州の影

海金剛

海金剛

この樫野埼灯台がある紀伊大島の南東部分は
海金剛と呼ばれ、
切り立った断崖の景色が広がっています。

今回、
僕はこの景色の場所に辿り着けず。。

駐車場から遊歩道を歩いて2~3分でたどり着けるらしいので、
この絶景ポイントを探してみて下さい!

朝鮮半島の名勝金剛山からその名をとった、鋭く切り立った岩礁に荒波が砕け散る迫力満点の景勝地。
周辺にはウバメカジをはじめとした潅木が生い茂り、秘境的な雰囲気を演出。
ピラミッド形や獅子頭のような巨岩が海面から突き出す様子には身がすくむほどの迫力と近寄りがたい神秘が感じられるはずです。
研磨された大小さまざまの岩石、断崖の配置は、自然が織りなす造形の極致と賛嘆されており、昭和58年1月に朝日新聞社の「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれました。

引用元:海金剛 – 串本町観光協会公式ホームページ

本州最南端の潮岬へ

樫野埼灯台を離れ、
いよいよ本州最南端の潮岬へ向かいます。

くしもと大橋を渡り、県道40号線をちょこっと行ったところ。

道沿いに小さな看板があるだけなので、
最初はわからずに通り過ぎてしまいました(>_<)

本州最南端を指す標識

本州最南端に到着

本州最南端の石碑

日本地図の石碑

最南端の海岸

最南端の岩場

日本最南端の佐多岬に行った時と比べてだいぶあっさりと行けてしまい、
達成感はあまりありませんでした(>_<)

向かいにある観光センターで、
最南端の証明書をもらえるらしいのですが、
それも知らなかったので。。

皆さんはちゃんともらってくださいね!

リンク> 潮岬観光タワー展望塔と望楼の芝

潮岬灯台

潮岬灯台

本州最南端にあるこの灯台。

中は結構急な階段なんですが、
展望台まで登れば、
360°の絶景パノラマを楽しめます!

潮岬灯台から眺める景色

潮岬灯台から眺める景色2

潮岬灯台から眺める景色3

営業時間

営業時間は、
10月~4月は9時~16時、
5月~9月は9時~16時30分。

年中無休です。

入館料

大人200円。

子供は無料です。

海岸線を離れて田舎道を進みます

潮岬から今度は国道371号線へ。

海岸線から離れ、
次なる目的地「一枚岩」を目指して
鶴川沿いの田舎道を北上します。

一枚岩

一枚岩

夕方間際に到着すると、
僕以外の観光客は一人もいなかったので
しばらくこの景色を独り占めすることができました。

古座川と一枚岩

古座川と一枚岩2

透き通った美しい古座川と存在感のある一枚岩。

見事に調和していて素晴らしかったです。

一枚岩と水面

透き通る古座川の水

しばしこの景色を堪能。

暗くなる前に本日の寝床へと急ぎます。。
白浜をめぐり、醤油の香りが漂う町、湯浅へ!和歌山県バイク旅(ラスト)

旅のルート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です