千葉県鋸山!房総半島一周の旅。

スポンサードリンク



3年前の5月。

急に次の日の現場がなくなり休みになったので、
思いつきで房総半島を一周しました。

電車の広告にあった<鋸山>を目指して旅をした時の記録です。

スポンサードリンク



九十九里から南下



家を出たのが夜の9時ごろ。

この時はビーチ用のテントもなかったので
寝袋とブルーシートを積んで出発しました。

千葉街道を進み東金方面へ。

東金から九十九里浜に出て、ひたすら南下。

走り続けても真っ暗でなにも見えないので、ひたすら南房総を目指します。



夜中の0時を回った頃。

身体の疲れも出てきて眠気もあり、
寝る場所を求めて探しながら走りましたが
冷たい夜風を防げるところが見つからず、
仕方なく走り続けます。



夜中の2時過ぎ。
鴨川の砂浜へ。

なぜかここは風が暖かく眠れそうな感じでした。

砂浜にブルーシートを敷いて
寝袋にくるまります。



しかし、
寒い。


立つと風が暖かく感じるのですが、
横になると、地表を伝ってくる風が冷たいのです。


しかも、
まだ暖かくなっていないのに蚊が発生。
あの嫌な音とかゆみが眠気を奪います。


ネックウォーマーを頭まで被ってなんとか寝ようとしましたが、
結局眠れず。


DSC_0145

夜明けと共に出発。




明るくなると昨夜見えなかった海が見え始め、
潮風がなんとも心地よく最高でした。

特に房総フラワーラインなど、
明け方の海岸線はバイカーにとってのロマンそのものです。




DSC_0152

そうこうして野島崎灯台へ。
リンク> 野島埼灯台(白浜の灯台)|見る|千葉県【南房総いいとこど り】

バイクを降りて散策。
しかし、
歩き回りましたが灯台に辿り着けず・・・。(笑)




諦めて今度は洲崎灯台へ。


DSC_0157

DSC_0158

DSC_0159

ここからの景色は最高でした!


DSC_0163

DSC_0164

この洲崎灯台は、
駐車場はあるのですが民家の敷地っぽいです。
いくらかかったのか忘れてしまったのですが、
壁に料金を入れる箱がぶら下がっていたのを記憶しています。

管理人がいなくてもきちんと払いたいですね。




鋸山




洲崎灯台から北上し、富津方面へ。

今回の旅のメインイベント、「地獄のぞき」で有名な<鋸山>へ。






鋸山へ向かうには、ロープウェイと登山があります。

僕はロープウェイを利用しました。


DSC_0171

駐車場は車もバイクも無料で利用できます。

ロープウェイの営業時間は時期によって変わりますが、
通常は9時~17時で15分間隔で運行しています。

料金は、大人片道500円、往復930円。
子供は片道250円、往復450円となっています。

詳しくはこちらをどうぞ!
リンク> 鋸山ロープウェー


DSC_0172

頂上まであっという間に着いてしまいますが、
ロープウェイの中は360°見渡せますので乗る際の場所選びは重要です。


DSC_0176


標高は329mで山としては低いですが、
頂上に着きますとこのような素晴らしい景色が広がります!

水が綺麗なので海の底が透けて見えます!

ロープウェイで頂上まで行けますが、
その後の散策は階段続きで結構しんどいです。

ですので運動靴と動きやすい服装で行ってください。


DSC_0187

DSC_0188

インディジョーンズに出てきそうな崖をくりぬいた道。
日本とは思えない、
不思議な雰囲気の漂う場所もあります。


DSC_0179

DSC_0181

ぐるっと一周できる散策コースもありますが、
階段の上り下りが激しくかなりつらいです。

夏は苦行となると思います。

体力に自信のない方は無理せずに
真っ直ぐ「地獄のぞき」に向かうことをお勧めします。



鋸山で一番有名なのがこの「地獄のぞき」。

テレビ番組でも時々紹介されていますよね。


DSC_0183

DSC_0184

先端に向かうのにも傾斜がある為、吸い込まれるような感覚になります。

また、
人気ポイントなので常に人がいてシャッターチャンスを作るのが難しいです。
休日や行楽シーズンは特にすごいと思います。

やはり平日に行くのがおすすめです。



散策後、お昼はここで!




鋸山から国道127号線を少し南下したところに、
新鮮な魚介類が食べられる<ばんや>というところがあります。
(撮った海鮮丼の写真は紛失してしまいました。。)

非常に人気があり混雑していますが、
無料の駐車場もあり、
570円で入浴できる日帰り温泉もあります!

散策後は、
ここでお腹を満たして汗を流すと最高です!

リンク> 漁協直営食堂ばんや ~房総沖で獲れた新鮮な海の幸~



終わりに




移動の経費を除いて

鋸山ロープウェイで900円。(消費税増税前です。)

ばんやの食事で1000円。

温泉で500円ちょい。

途中の駐車代を含めても3000円台で楽しめた旅でした。

僕のように一般道だけ使うという縛りがなければ
都心からもアクアライン経由で2時間ちょっとで行ける距離です。

一日遊んだり、グルメを楽しむには持って来いの場所だと思います。

夏と冬は歩くのがちょっと大変だと思いますが一人でも家族とでも恋人とでも
おすすめの場所です!



鋸山ロープウェイまでのアクセス



<車・バイク>
富津館山道路の富津金谷インターを下りて
国道127号線を館山方向へ10分ほど。

<電車>
JR内房線の浜金谷駅下車。
国道127号線を館山方向へ歩いて10分ほどです。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です