初めてでもいきなり大型バイクに乗っちゃおう➀!免許取得について!

スポンサードリンク

ハーレーに乗りたいけど、
中免すら持ってない。

そもそもバイクに乗った経験がない。

いきなり大型免許に挑戦してもいいの?

心配しないでください!

初めてでも
いきなり大型バイクに乗っちゃいましょう!

なぜなら、
僕もバイク未経験から大型に挑戦しました。

原付には2~3回乗ったことがあるけど、
完全な素人。。

スポンサードリンク

そんな僕でも
問題なく免許を取得することが出来ました!

免許取得についてや、
乗り方のコツを伝授します!

自動二輪免許の種類

バイクの免許と言っても種類は色々とあります。

<免許の種類>
排気量 技能時限数
(マニュアル)
技能時限数
(オートマ)
小型限定 125cc以下 9時間 8時間
普通 400cc以下 15時間 13時間
大型 制限なし 31時間
大型(AT限定) 650cc以下 24時間

※この表の技能時限数は普通自動車運転免許を持っている人の時限数です。

俗にいう中免
普通自動二輪運転免許のことをいい、
400cc以下のバイクを乗ることができます。

車を持っている人だと、

125cc以下のバイク(原付二種)なら車の自動車保険とセットに出来るので
通勤に小型自動二輪(ピンクのナンバープレート)を乗っている方が
多いと思います。

自動二輪免許取得の年齢制限

昔は、大型バイクを乗る為には
限定解除と言って
検定所で一発試験を受けて取るしかなかったそうです。
(そのさらに前は、車の免許を取ると大型バイクの免許がセットで付いていたそうです。。)

今では取得のハードルが下がり、
車同様、
基本的には年齢制限のみです。

<免許取得の年齢制限>
年齢
小型限定 16歳以上
普通 16歳以上
大型 18歳以上
大型(AT限定) 18歳以上

つまり、
18歳以上なら中免(普通自動二輪免許)を持っていなくても
いきなり大型バイク免許を取得することができるのです!

取得費用は?

今ではネットで探せば
いくらでも安いところはありますが、
僕が免許を取った平和橋自動車教習所では
このような金額になっています!

<免許取得の費用>
金額
小型限定 12万円(ATは11万円)
普通 15万円(ATは13万円)
大型 20万円
大型(AT限定) 28万円

※こちらも普通自動車免許を取得している方の金額です。

詳しくは公式ホームページをご確認ください!
リンク> 【指定】平和橋自動車教習所

大型バイクのメリット・デメリット

バイクは乗り方によって一長一短があります。

通勤にしか使わない人もいれば、
ツーリングの時しか乗らない人。

それぞれ使い分ける人や、
一つのバイクでどちらにも使う人。

それぞれのメリット・デメリットはなんでしょうか?

メリット➀振動が少なく疲れにくい

エンジンの排気量が大きく、
低回転時(アクセルを開けなくても)でもパワーがあるので
エンジン回転数を上げずに走ることができます。

その為、
振動が少なく疲れにくいです。

バイクにまたがりピースする女性のイラスト

これはツーリングなど長距離を運転する場合に
大きなメリットとなります。

メリットその➁エンストしにくい

マニュアル車では
慣れないとどうしてもエンストが多発します。

渋滞時の微発進と停止の繰り返しやUターンする場合など、
細かいクラッチ・アクセル操作が必要な場合に多いです。

そんな時でも、
大型バイクは低回転でエンジンにパワーがあるので
アクセル操作をそれほど必要としません。

クラッチ操作のみで発進も可能なので
排気量の小さなバイクに比べてエンストの心配は非常に少ないです。

メリットその➂加速が凄まじい

加速感

大型バイクを乗る目的として
やはり加速感が大きな割合を占めるのではないでしょうか!

アクセルを開けた瞬間に
身体が振り落とされそうになるほどの加速。

ジェットコースターにも負けないその加速感は、
大型バイクならではの楽しみです。

メリットその➃強風時でも安定感がある

台風のイラスト

こちらもツーリング時に大きなメリットとなります。

海沿いや高速道路では
急な突風や
常に強風が吹き付けるシチュエーションが珍しくありません。

そんな時でも、
車体重量がありパワーがある為、
安定感のある走りで心理的に安心感が生まれます!

デメリットその➀重量が重く、取り回しが大変

大型バイクはやはりものすごく重いです。

走り出してしまえば重さは感じないですが、
停める時や
降りて移動させる時など取り回しが大変
その重さから不安が付きまといます。

人の多い場所に停める時は
細心の注意が必要になります。

デメリットその➁小回りが利かない

狭い道やUターン時など、
慣れないと非常に苦労します。

原付や自転車では簡単に出来ることが
当たり前ですが全く出来ません。

つまり、
通勤や買い物、街乗りには向いていません。
(熟練の人を除きます。)

デメリットその➂燃費が悪い

家計に直接響いてくるガソリン代。

原付や125ccクラスでは1リッター当たり40~60kmは走ります。

400ccクラスでは1リッター当たり30~40kmくらいが多いと思います。

大型バイクになると
1リッター当たり10~20kmとやはり大きく燃費が悪くなります。

排気量が多い為、
走りやすさの代償にやはり燃費が・・・。

まとめると

大型バイクは
疲れにくく安定感があるので
ツーリングや長距離移動には向いていますが、

燃費が悪く取り回しも大変な為、
通勤や街乗りにはあまり向いていません。

ツーリング用に免許を取得したいと思っている方には
非常にお勧めしますが、

日常生活用に大型バイクを検討している方は
困難が予想されますので車種選びには熟考が必要かと。

続きまして、
大型バイクの維持費等についてです!
初めてでもいきなり大型バイクに乗っちゃおう➁!維持費はどれくらいかかる?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です