消防設備士について。➂気になるお給料は?

スポンサードリンク

それでは、
気になるお給料についてご紹介していきます!

消防設備士のお給料は?


スポンサードリンク

それぞれ勤務形態別に、


アルバイトもしくは日給制の会社は、
8000円~15000円
(僕の経験上です。)

最初は8000円からのところがほとんどだと思います。
経験者であると10000円前後で雇ってもらえるところが多いかなと思います。

資格や経験に応じて金額はアップしていきますが、
なかなか昇給に応じてくれる会社は少ないと思います。

なので、
アルバイト・日給制で働いている場合なら交渉してダメなら別の会社に移る方が
手っ取り早いです。
しかし、
給料面だけで会社を選ぶのはあまりお勧めできないので、
人間関係や仕事内容など総合して判断をしてください。


月給制の会社では、
基本給18万から23万前後。
(点検業務で平社員の場合です)

基本給は安いところがほとんどだと思います。
各種手当で補強している印象が強いです。
(基本給を上げてしまうとボーナスが割高になってしまうのと、
 売上がさがってしまった場合などに基本給を減額することは容易にできることではないので)

特に、
どの会社でも資格手当は大きなメリットです。
こちらは一つにつき1000円~5000円です。
(全部に5000円付けてくれるところはほぼないとおもいますが)
なので全部取得していれば毎月20000円ほど上乗せされるので、
何も持っていない人と比べて年収で20万近く差が付きます。

消防設備士と電気工事士が手当の対象になる会社が多いと思いますので
両方の取得をお勧めします。

年収は300~450万くらいかなぁと。


消防設備業に向いている人材



この仕事は、
サービス業と技術・知識の専門性が必要な業界です。
なので、
お客様対応の上手い営業系の人、
もしくは、
電気や水、ガス関係に精通した人。

どちらかを目指すか、
努力できる人であればその両方!
物件ごとにチームで動くため、
それぞれの強みを生かすことができれば活躍できる人材になれます!

なので、
「勉強は苦手だから営業系のスキルを磨こう!」

「人と話すのが得意ではないから勉強して知識と技術を伸ばしていこう!」

といった、
それぞれの個性を活かせれば大丈夫です!

「電気は苦手だから水系の設備を頑張ろう!」

もオッケーです!

会社ごとに電気系に強いところ、水系に強いところと
分かれているところが大半なので。
(会社というか人がそんな感じでどちらかが得意な人が集まっています)

逆に両方に精通することができれば相当な強みです!


そうは言っても
メインは消火器と火災報知器の点検です。
なので、
ぶっちゃけ消火器や火災報知器の点検ができればどの会社でも仕事は出来ます。

向上心のない人はそれで満足してしまいます。

ただ、
それではほとんど新人と変わらないで終わってしまいますし、
需要がなくなれば切られてしまうかもしれません。

それから一番重要な問題ですが、
消防設備は間接的に、
人の命や財産を守る仕事ですので責任感を持って努力を続けてほしいです。



残念なのが、
人の命、財産を守る大事な仕事ではありますが、
景気の低迷で物件の点検単価が下がってしまっているので、
人員と時間の確保が困難です。

どうしてもきっちり丁寧な仕事ができる状態ではありません。
手抜きをせざるを得ない物件がほとんでです。
(中には金額によらずしっかり頑張ってる会社もあると思います。)

完璧主義者や責任感の強い人にとっては非常にフラストレーションが溜まります。

まじめな人よりほど良く手を抜ける要領のいい人が好まれます。

そういう部分が原因で僕も転職をしたり
結果としてこの業界を離れる決意をしました。

このような状態がいつまで続いてしまうのか。

そのうち大きな問題が起こってしまうのではないかと不安ではあります。



最後に!



ざっと消防設備士というものの説明をさせていただきましたが、
現状、
マイナス面が多いかなと感じた人が多いのではないでしょうか。

僕自身、
そう感じてしまっているので。。

それでも、
仕事はなくならない安定した業界ですし、

人の命、財産を守るやりがいもあります!

なので、
興味のある方はまずアルバイトから始めて
会社の特色や仕事内容、給料面を見極めて就職につなげていただければと思います。

今後は、
資格取得のポイントや各設備についてなど、
実務にも役立てることができることを紹介していきたいと思っています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です