『選択の科学』書籍紹介!

スポンサードリンク

文芸春秋 著者:シーナ・アイエンガー 訳:櫻井裕子

『選択の科学』




をご紹介させていただきます。


スポンサードリンク



ジャムの実験をご存知ですか?



豊富な品揃えは商品の売り上げに結びつくのだろうか?

この疑問を解決すべく、

圧巻の品揃えで注目を集めていたアメリカのとあるスーパーで、
ほぼ全ての人が食されるであろうジャムを選んで行われた実験です。

「24種類の豊富な品揃えで用意した場合と6種類のちょっぴりもの足りない品揃えの場合では売り上げに差が出るのか?」

今や様々なメディアやビジネスの世界でも取り上げられることの多い、
この「ジャムの実験」。

この答えをご存知の方も多いと思います。

大多数の人が品揃えの豊富な方が売り上げが伸びると思われると思います。
僕もそう思っていました。

しかし、
結果は少ない品揃えの方が6倍以上も売り上げが多かったのです。

何を隠そう
この実験を行った方がこの本の著者である
コロンビア大学、盲目の人気女性教授シーナ・アイエンガーさんです。



日々の生活でも
選択には非常に大きなエネルギーを使います。

オバマ大統領やスティーブジョブズ、マークザッカーバーグといった
超一流の人物は、
少しでもこの選択に費やす負担を減らそうと
毎日、同じ服を着るといいます。



この本は、
ジャムの実験をはじめ、様々な研究結果をもとに
この「選択」が人に与える影響について、
人生にも役立つであろう大きな視野を与えてくれるとても興味深い本です。



なぜ、動物園の動物の平均寿命は短いのか?



第1講でこの気になる疑問について書かれています。

寝るところがあり食べるものに困らず、外敵にも襲われることのない動物園。
人間で言えばホテルのスイートルームのような場所です。

食欲・性欲・睡眠欲の本能的なものすべてを満たしてくれるはずなのに、
動物園で生まれたゾウの寿命は17年。
一方、
野生のアフリカゾウの寿命は平均56歳。

その他にも、
出生数の減少や乳児死亡率といった問題もあります。


人間に目を向けると、
会社の全責任を負わなければならない社長という役職。
社長に限らず組織の上層部では
高いプレッシャーを受ける立場であります。
しかし、
最も低い職業階層の人たちの方が職業階層の高い人たちに比べて
心臓病のリスクが3倍も高いという結果が。


この2つに共通しているのは自己決定権の度合いです。

自己決定権の少なさ。
これがストレスに結びつき、
無力感や喪失感につながっているのです。



では、

あらゆることに選択の制限があり、生活に影響を与える度合いの大きな
原理主義の宗教。

集団主義で階級意識が高く、上の立場の人が強い力を持つ
日本などの国家。

ベルリンの壁崩壊前、社会主義体制によって様々な選択の制限を受けてきた
東ドイツ。

このような自己決定権が低い場合はどうなるのであろうか?



第5講、選択は創られる

では、

ミネラルウォーターと水道水の実験。

コカ・コーラとサンタクロースの驚くような関係。

投票用紙の順番が大統領選挙を左右する。



第6講、豊富な選択肢は必ずしも利益にならない

では、

冒頭のジャムの実験や、

七つの海、七つの大罪、学校の七不思議といった
7という数字が持つ謎。


第7講、選択の代償

では、

中世の時代から行われてきた
医師の父権主義的な治療。
医師への絶大な信頼からプラシーボ効果のようなものもあったが、

時代が変わり一転。
現代のような
インフォームド・コンセント(正しい情報を与えられた上での合意)への
移り変わり。

ここで、選択を与えられたことによって代償も払わなければならなくなった。


また、

ダチョウ倶楽部さんの
「押すなよ。絶対押すなよ。」
と似たような、

押してはいけないと言われると押したくなってしまう
「赤いボタン症候群」。

心理的反発(リアクタンス)
と呼ばれるもので、
人間を突き動かす大きな力になるものです。



余談ですが、
かつてのアメリカで、
禁酒法により酒を飲めなくなった人々の反発が強まり、
結局、禁酒法はなくなったという経緯があります。
この時、
密造酒の販売などで力を付けたギャング、アルカポネが有名ですよね。

最近でもアメリカで大麻が合法化されましたよね?
これも、
ドラッグに対する心理的反発を和らげる目的なのかなと感じました。



どれも気になる内容だと思いませんか?

コロンビア大学で人気があり、

NHKでも取り上げられ放送されたことのある講義。

納得です。




最後に



全380ページで、
ビジネス書の中ではかなり分厚い本ではあります。

ただこのような興味深い内容で埋め尽くされている一冊となっていますので、
きっと多くの何かを得られると思います。

おススメの1冊です。



選択の科学 [ シーナ・アイエンガー ]
価格:1748円(税込、送料無料)


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です