首都高の新料金!

スポンサードリンク

4月1日、午前0時から、
首都高の料金が大幅に変更になるようです。
(正確には圏央道より内側の高速道路)


現行の料金は、


普通車:510~930円

大型車:1030~1850円

スポンサードリンク

高速道路と異なり、
車種区分は2車種なので、
軽自動車・自動二輪についても普通車と同じ扱いの為、
不満がありました。


また、
区間料金が普通車の場合、6Kmの基本料金510円に
基本料金プラス6Km毎に約100円の加算で、5段階で最高930円ということでした。


1区間だったとしても510円かかってしまうので
短い区間だけの利用については不便がありました。


しかし、


4月1日からの新料金では
これらが、


軽・二輪車:270~1070円

普通車:300~1300円

中型車:310~1380円

大型車:390~2040円

特大車:460~2600円


と、なり


車種区分が5車種に増え、
さらに料金額が0.1Km毎に10円加算に変更されました。


首都高を使って端から端へ移動される方にとっては
上限金額が400円ほど増えてしまうので負担は増えてしまいますが


都内を中心に回る物流・建設や営業といった職種の方にとっては
かなり大きなメリットなのではないでしょうか。


近年、
圏央道をはじめ
湾岸線と山手トンネルがつながったり
箱崎ジャンクション等一部の区間を除き渋滞がかなり緩和されたように感じます。
(もちろん通勤・帰宅ラッシュ時はどこも混んでしまいますが)


その為、
昼間の比較的空いている時間帯に短い区間の首都高利用者が増えれば、
一般道の渋滞もそれなりに解消されていくのではないかと思います。


都内を横断する方たちの首都高利用は減ることはないと思いますし、
短い区間の利用者が増えればそれだけ料金収入が増え、修繕や開通工事の費用も回収できて
双方に大きなメリットができると思います。


合わせて
国道357号線の一般道東京港トンネルが両側開通になれば
都内の交通網がどんどん快適になっていきますよね。


東京オリンピックまでにどこまで開発されていくのか楽しみです!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です