パラパラチャーハンを作るコツ!

スポンサードリンク

ca3e5b1ffe7e6b13afd14041e22e4ad1_s

中華屋さんやラーメン屋さんのような
パラパラっとしたチャーハン!


家で作るのはなかなか難しいですよね。

スポンサードリンク


僕もよくチャーハンを作るのですが、


昔は、
炒めてる途中でベタベタしてきてしまい、
どうしても固まったチャーハンになってしまっていました。


ご飯の粒同士がくっついて固まったチャーハンを見ると
どうしてもテンションが下がりますよね。。


でも味は良い。


味は。


まぁ正直、


いくら味が良くても見た目や触感が悪ければ
食欲は落ちてしまいますし、


家族からのブーイングもくらってしまいます。


でも大丈夫!


そんなベタベタチャーハン。


今日で決別しましょう!


まず、基本知識として
ご飯がベタベタしてしまう原因、


それはご飯のデンプン成分です。


デンプンはもちもちっとした触感を与えてくれるのですが、
これが水分とくっつくと粘り気がでてしまうのです。


お米を研ぐ時も、
一生懸命洗ってしまうとお米が割れて
デンプン成分が溶け出し
炊き上がったご飯がベタベタしてしまいます。


なので、
お米を研ぐ時はお米を割らないよう
優しくほどほどに研ぎましょう。


デンプンが粘り気の正体ということは、
デンプン成分をなくすか、
水分と接触しないようにすればいいのです!


それでは、
いくつかご紹介します!
どれかをやってみても組み合わせてもいいと思います!


<その➀ ご飯を洗ってデンプン質を洗い流す。>


ご飯をざるに入れ、水道水でサーッと洗います。
こうすることにより、ご飯表面のデンプンが流れてしまうので
炒めた時にパラパラになりやすいです。

しかし、
しっかりと水気を切らないと別の問題が発生してしまいますのでご注意を。


<その➁ 炒める前に卵と混ぜ合わせる>


あらかじめ卵かけご飯の要領で
ご飯と卵を混ぜ合わせてしまうことで
卵がコーティングとなりパラパラになります。


<その➂ 炒める前に油と混ぜる>


こちらも卵の時と同様に、
油でご飯をコーティングしてしまうことによって
デンプンを閉じ込めパラパラに仕上がります。


こちらは油っこくなってしまいますので
油の量に注意が必要です。


<その➃ 温かいご飯で作る>


こちらが一番簡単なのではないでしょうか。


一般的にチャーハンを作るときは
残った冷たいご飯で作ることが多いと思います。
しかし、
デンプンは冷えると固まる性質がありますので、
炒めてるときにほぐれにくく潰れてしまうため粘り気が出てしまいます。


そこで、
あらかじめ冷えたご飯を電子レンジでチンしておくだけで
簡単にほぐれるようになります。


ただ卵や油でコーティングされていないので、
若干ベタつきは出てしまいます。
油を少し多めに使う等の工夫は必要です。


以上の4つが
僕も普段実践している方法です。


みなさんも試してみてください!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です