耐水圧でダイビングの動画撮影にお勧め!安くて高性能のアクションカメラLANYI 1080P!

アクションカメラ
スポンサードリンク


奄美大島一人旅の前。

綺麗な海の中を動画撮影したかったので、
防水用のアクションカメラを探していました。

Amazonで色々と物色していたら、見つけました。。


電池が2個ついて7980円!?

超安くない!?
(なんでこんなに安いの???)


かなり不安もありましたが、
物は試し、
「安いからすぐ壊れても文句は言えないかな。」

なんて、あまり期待せずに購入してみたのですが、
予想以上に高性能だったので、
アクションカメラのレヴューも兼ねてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク


30m防水用カバー付きアクションカメラ、LANYI 1080P





こちらが今回、購入しましたアクションカメラLANYI 1080Pです。

防水カバーを付けることによって、
30mまで潜ることができるようです。

奄美大島では、
シュノーケリングしか出来なかったので水深5m程度のところまでしか
行けませんでしたが、
5mでは全く問題はありませんでした。

付属品として多様なアタッチメントも付いてきますので、
ダイビングやシュノーケリングだけでなく
様々なアクティビティでの動画撮影が可能です。

また、
動画だけでなくカメラ機能もありますので
写真撮影もOKです。



豪華な付属品

このアクションカメラには、
撮影用の様々なアタッチメントに加えて防水カバー、
電池パック2個、32GBのマイクロSDも付いてきます。

下手したらこれだけで8000円超えてしまうのではないか?

というくらいの太っ腹がありがたいです。


アクションカメラ用の保護バック


アクションカメラの保護バック

カメラをはじめ、
アタッチメント類はすべてこの保護バックの中に入っています。


アクションカメラ
保護バックの中身

様々なアタッチメント類


自撮り棒や自転車、
頭に付けるため等々・・・。

これだけのアタッチメント部品が付いてきます。


アクションカメラの様々なアタッチメント
アタッチメントの使い方

説明書は残念ながら英語表記でわかりにくい


このカメラは日本製のものではないため、
残念ながら説明書は全て英語表記

URLコードも中国語のサイトなので、
使い方は触りながら覚えるしかありません。


英語表記の説明書


カメラの画質について


こちらのカメラは広角レンズとなっているので、
景色が広く映り、撮れた動画はかなり視野が広がっています。

ダイビングをはじめ、
サーフィンや自転車、スノーボードなんかの時に使っても
かなり良い映像が撮れるのではないでしょうか!

今回、
奄美大島で撮影した動画を載せますので、
画質の確認などをしてみてください!


圧縮なしの動画


こちらは、
圧縮なしのそのままの状態の動画です。
(少々容量が大きいのでかなり短めの動画にしました。)

パソコンの画面で見ても気にならないほど画質はいいです。


肉眼ほどとはいきませんが、
陸上でも水中でもかなり綺麗に動画を撮ることができます。





圧縮なしの動画から画像の切り抜き


こちらの画像は、
圧縮していない動画から切り抜いた画像です。

多少画質は落ちますが、
十分綺麗な画像として切り抜くことができます。


動画から切り抜いた画像

圧縮後の動画


画像サイズを落とし圧縮した動画です。

YouTubeで見るくらいの十分な画質は保てていると思います。






アクションカメラLANYI 1080Pの簡単な使い方

それではこのカメラの簡単な使い方をご紹介したいと思います。


電源ボタンで電源を入れます


カメラの電源ボタン

レンズの横にある電源ボタンを長押しすることによって
電源が入ります。


電源が入ると動画撮影モード


電源が入ると同時に
動画の撮影モードになっています。


動画の撮影モード

この状態で、録画ボタン(OKボタン)を押すと動画の撮影がはじまります。


動画撮影ボタン

動画撮影モード時からWi-Fi設定画面に


電源が入り動画撮影モードの状態で、
側面にある上下選択ボタンの上のボタンを押すことによって、
Wi-Fi設定画面に移ることができます。


側面の上下選択ボタン
Wi-Fi設定画面

※Wi-Fi設定につきましてはまだ理解が出来ておりませんので、
申し訳ありませんが使い方はわからない状態です。


撮影モードの変更・設定画面へ



動画の撮影モード

動画の撮影モードの状態でもう一度電源ボタンを押すと、

今度は写真撮影モードに変更されます。


写真撮影モード

さらにもう一度電源ボタンを押すと、
今度はデータのプレビュー画面へ移行します。


プレビュー画面

最後にもう一度電源ボタンを押すと、
設定画面へ移行します。


設定画面

設定画面から日本語表記への変更・日付の設定などを行います


設定画面

この設定画面の時に、
側面の上下選択ボタンを操作することによって
設定項目の切り替えが行えます。

切り替えたい項目で録画ボタン(OKボタン)を押すと、
選択が可能です。


側面の上下選択ボタン
設定項目の変更

デフォルトでは表記が英語?(たしか英語だったと思います)なので、
言語選択の項目を選んで日本語に変更します。

日付と時間もめちゃくちゃになっていますので、
気になる方はそちらの設定も直してください。



このカメラの注意点


ケースからカメラが取り出しにくいです。


基本、このカメラはケースに入った状態で使用すると思いますが、
充電する場合やデータを抜き取る場合は
カメラをケースから取り出す必要があります。

その際、
ピッタリとはまりすぎているので、
手だけだと取りだすのがかなり困難です。

ですので、
傷を付けないように綿棒などを突っ込んでてこの原理で取り出すことをお勧めします。


バッテリーが割と早くなくなります。


撮影時の画質にもよりますが、
最高画質で撮影していると30分ほどでバッテリーがなくなってしまいます

ですのでこまめな充電と、
予備のバッテリーが必須です。

旅行先や遊んでいる最中に充電がなくなってしまうことも考えられます。

車やパソコン、スマホの充電器からも充電できますので、
使用時にはバッテリーと充電器は忘れずに






以上、
アクションカメラLANYI 1080Pについてでした!

ダイビングやシュノーケリングでぜひ活用してください!



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です