喉が真っ白でかなり焦った。。強烈な喉の痛みと高熱が出る扁桃炎体験記。

体調を崩しマスクをしている女性
スポンサードリンク


雲高く青々とした空。

照り付ける太陽。

外から聞こえるセミの鳴き声と子供たちの笑い声。


せっかくの夏だというのに
3週間前から体調を崩して、
ついには扁桃炎になってしまいました。

おまけにウイルスが肝臓にいってしまったらしく
肝炎まで発症。

スポンサードリンク


なんてことだ。。

予定していた自転車旅も行くことが出来ず、
友達から誘われた海にも行けず。

無念。。


症状が若干良くなり、
少しだけパソコンに向かう元気が出てきたので、

扁桃炎の疑いがある。
もしくは、同じ症状に苦しむ人に向けて
扁桃炎体験記を書き綴ろうと思います。


※喉の患部の写真をページの一番下に貼ります。少々グロテスクなので確認したい方だけ見てみてください。


扁桃炎とは?


扁桃炎(へんとうえん)は扁桃上の常在菌が活動して炎症を起こす病気である。扁桃腺炎ともいわれる。

常在菌には溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などがあり、溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすい。
他にウイルス感染で起こることもある。

主に小児期に起こりやすいが、大人になっても感染する例もあり、また常在菌であるため、体力が低下した際などに再発することもある。治療には主に抗生物質が用いられる。再発頻度が高い(年に3-4回以上)場合は扁桃摘出の手術が行われることもある。

引用元:Wikipedia


さらに扁桃炎についてとても詳しく解説されているサイトがありましたので、
ご紹介させていただきます。
リンク> 扁桃腺炎の原因・症状・治療法


扁桃炎・肝炎になるまでの経緯


僕が今回、
扁桃炎と肝炎になるまでの経緯です。

少々長いので興味のある方だけ読んでください。


最初は身体の痛みとダルさ


僕は友達とプールに行った翌日(7月19日)。

骨や関節などの身体の痛みに襲われました。

その翌日から
喉の痛みや頭痛、36.8℃ほどの微熱が続き、
市販の風邪薬が全く効かず、
(7月23日)4日経っても少しも改善しなかったのでしぶしぶ内科の病院へ。


色々な種類の錠剤

処方してもらった風邪薬と抗生物質、ロキソニンを飲むと
頭痛は収まりましたが
身体の強いダルさと眠気に襲われ3日で飲むのをやめました。


飲むのをやめた翌日(7月28日)。

朝、
目が覚めるとあまりの頭痛に吐き気をもよおし吐いてしまいました。

1時間ほど我慢しましたが全く収まらなかったので
ロキソニンを飲み再び病院へ。


「頭痛は肩こりからだろう」とのことで
痛み止めのロキソニンと
筋肉のこわばりを和らげるミオナールとセルシンを処方してもらいました。


2日ほど経ちましたが、

ロキソニンや薬のせいか
食道の痛みや違和感、吐き気などがひどくなり
薬を飲むのをやめました。

家にあった胃薬と弱い痛み止め、
漢方の葛根湯でしばらくやり過ごす。


体調不良が続き2週間後に高熱が


学校を休みたくなるほどの体調不良が続き、
テンションも下がっていました。

体調不良になって2週間後(8月1日)。

突如、
38℃の発熱があり耳の下あたりのリンパ腺が腫れ始めました。


翌日(8月2日)、
別の内科の病院へ行ったのですが、
この時はまだ喉に異常はなく、
胃薬やカロナールという痛み止め(解熱剤)、
それからクラビット500という抗生物質を処方してもらいました。


薬は効いていましたがのどの痛みが強く


37~38℃の熱が行ったり来たり。
身体の痛みやダルさも相変わらず。

薬は効いていましたが、
(8月4日)2日経ってからのどの痛みが強くなり、
(8月5日)3日目には唾を飲み込むのも一苦労。

学校の人にもらったトローチも全く効果なく、
痛みは増すばかり。


急な発熱と喉が真っ白に


その日の夜に急に38.4℃の発熱がありました。
(平熱が低いので38℃を超えるとかなりしんどいです。)

そして、
あまりののどの痛みに鏡で見てみると・・・。


喉の両側が真っ白になっていました( ゚Д゚)
(正直、めちゃグロくて軽く鳥肌が)

親に聞くと「それは扁桃炎だ」と言われました。


耳鼻咽喉科に行くと隔離されました


翌日の土曜日(8月6日)。
体調不良の原因がわかった気がして意気揚々と耳鼻咽喉科へ(笑)

38.4℃がピークだったらしく、
その後熱の方は少し下がったのですが、

病院で喉を見てもらったら周りの空気が一変!?

なにやらソワソワし始めました。


喉の患部から組織を採取し、
細いスコープで鼻から喉まで確認。

その後、
症状や今後の経過観察などの説明を受けたら
急いで別室へ隔離されました。

そこで血液検査。


帰りは裏口から帰されました(笑)
(扁桃炎は細菌やウイルスの影響でなるみたいなので他の患者さんに移さない為ですね。)


ウイルス性の扁桃炎と肝炎に


本日の月曜日(8月8日)。
簡易的な血液検査が出るとのことで病院に行ってきたところ、
肝臓の数値が悪いらしく、
恐らくウイルス性の扁桃炎と肝炎だろうとの診断が。

ちゃんとした検査結果はまた後日出るそうなのですが、
しばらくは自宅療養してくださいとのことでした。
(身体の抵抗力が弱ってるらしく抗生物質が効かないみたいなので薬はなしです。)

いまだに37℃以上の熱があります。




以上がこの3週間の流れでした。
長い文章でしたが
読んでくださった方、ありがとうございます。。

続きまして、
今回の症状や治療法などをまとめました。


扁桃炎の症状


今回、
どこからどこまでが扁桃炎の症状なのか
定かではありませんが、
これらの症状がありました。


・身体(骨や関節)の痛み
・身体のダルさ(倦怠感)
・高熱(38℃近い熱が1週間近く)
・喉の強い痛み(唾を飲み込むのに全身に力が入るほどです)
・リンパ腺の腫れ
・耳の痛み(菌が耳にいってしまうと中耳炎を引き起こす場合があるそうです)
喉が真っ白に(人によってはただ赤いだけだったり、所々白くなったりするそうです)
・頭痛


扁桃炎の治療方法


抗生物質


扁桃炎は、
細菌やウイルスが原因で起こる病気なので
ペニシリン系の抗生物質が一般的だそうです。

僕が内科で処方されたクラビット500はニューキノロン系というものらしく、
どうりで症状が良くならなかったわけですね。


発熱時や喉が痛くて我慢できない時は
ロキソニンなどの痛み止め(解熱剤)を飲むと
少し楽になります。


手術による扁桃腺の除去


扁桃炎が年に何回も起きてしまう慢性扁桃炎になってくると
扁桃腺を除去する手術を行う場合もあるようです。

恐ろしいです。。


イソジンのうがいが効果的でした



うがいをする男の子のイラスト

今回、
薬に頼ることが出来なかったので
一生懸命喉を殺菌しようとイソジンを少し濃いめにして何度もうがいをしました。

最初はめちゃくちゃ染みるのですが、
だんだんと楽になっていくのがわかります。

こまめなうがいがお勧めです。



扁桃炎の時の食事


唾を飲み込むのでさえめちゃくちゃ痛いので
食事はとても苦痛です。

コロッケパンを食べた時は最悪でした。。

お勧めはこちらです。


・そうめん、うどん(そばは結構痛いです)
・冷たいお茶漬け
・桃や梨などのフルーツ
・ヨーグルト
・ゼリー

当たり前ですが、
つるりと喉を通ってくれるものがいいです。

食欲がない時もあると思いますが、
少しでもなにか胃に入れた方がよろしいかと思います。


水分補給


季節にもよりますが、
夏は発熱でかなり汗が出ます。

喉の痛みで水分を取るのもつらいですが、
スポーツドリンクなどを少量ずつこまめにとりましょう。


※炭酸飲料はやめましょう。飲んだら喉が大変なことになりました。





以上が今回学んだことです。

僕はまだ治りませんが、
だいたい1週間もすれば良くなるようなので
少しの我慢です。



扁桃炎から肝炎になるケース


扁桃炎を引き起こすウイルスの中に、
EBウイルスというものがあります。

このウイルスは肝臓に影響を及ぼすこともあるらしく
恐らくですが僕は今回、
このウイルスのせいで肝炎になってしまったようです。


血液検査でこのウイルスに感染しているのかどうか
わかるようなので、
4000~5000円くらいかかってしまいますが、
診察の際は血液検査も一緒にしてもらった方がよろしいかと思います。
(するところが一般的なのかな?)


肝炎発覚後の経過(こちらは肝炎完治後に更新いたしました。


検査の結果、
肝炎になっていることが発覚したものの、

上記にも書いてある通り、
抗体の数値が低く抗生物質などを飲んでも意味がないだろうとのことで、
特に薬など処方されることなく経過観察ということになりました。


「身体が黄色くなる黄疸やその他何か異常があればすぐに病院に来てください。」
とだけ言われ不安になりながらも帰宅。。


その後、肝炎の方は症状が軽かったのか、
喉が治ってからは身体に異常が出ることもなく、日常生活に支障はありませんでした。
(念のため激しい運動は控えましたが、軽めの運動をする分には全然問題なかったです。)

※その代わり治るまでのおよそ1か月間はドクターストップでお酒が飲めません。


お酒が飲めないのは辛かったですが、
1か月後の血液検査で数値が正常に戻り、無事肝炎も治りました!



扁桃炎の患部の写真


それでは最後に
扁桃炎の患部の写真を載せたいと思います。

若干グロテスクなので
苦手な方はここでストップ。


扁桃炎になるとどうなるのか?

自分の喉と見比べたい。

という方だけ見て下さい。


まずは8月5日、
喉が真っ白になっていたのを発見した時の写真がこちらです。


扁桃炎の患部

扁桃腺が大きく腫れて、
白い膿の固まりに覆われてしまっています。



こちらが本日、8月6日。
扁桃腺の腫れが少しおさまり膿の固まりもなくなってきてます。


扁桃腺の治りかけの患部

完全に治るまでもう少しかかりそうです。


以上、
扁桃炎の体験記でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です