瞬間接着剤の仕組み!指紋採取にも使われるその成分とは?

スポンサードリンク

毎朝の日課であるコーヒータイム。
運の悪いことに、
今日はコーヒータイム中に誤ってマグカップの取っ手を割ってしまった。。

久しぶりに瞬間接着剤のお世話になりました。

割れた跡が目立たずに綺麗にくっつけることができ、一安心しました。

久しぶりの瞬間接着剤の登場でしたが、
ここで一つ気になることが。

瞬間接着剤ってどうやってくっついているんだろう?

スポンサードリンク

今まで、
特に気にせずに使ってきた瞬間接着剤ですが、
なぜ、あんな一瞬でくっつけることができるんだろうか。


瞬間接着剤の仕組みと歴史


瞬間接着剤には、
シアノアクリレートと呼ばれる化学物質が使われています。
シアノアクリレートは水分と反応することにより固まる性質があります。

瞬間接着剤の発明者であるハリー・クーヴァー氏は、
このシアノアクリレートが傷口の接着に使えることに気づき
戦争で、負傷した兵士の為に
一時的な傷口の接着として使用したのが始まりです。

やがて、
世界初の瞬間接着剤「イーストマン910」が誕生します。

当初の使用方法と同じように、
接着剤は現在も医療用に用いられています。

医療用接着剤で調べるとたくさんの種類があってビックリです。

このシアノアクリレートですが、
事件現場の指紋採取用にも使われているようで、
温めると蒸気が発生し、この蒸気が見えない指紋と反応することによって、
肉眼でも見ることができるようになります。

この方法を思いついた人は天才だと思います。


くっつけられないもの


一般的な瞬間接着剤は、

・ポリエチレン(米袋やフィルムなど)、
・ポリプロピレン(家電製品や日用品、食品容器など)、
・フライパンなどの表面加工として用いられるフッ素樹脂、
・電化製品などに用いられるシリコン樹脂
・ガラス

には使用することができません。
(一部専用の接着剤が販売されています。)

瞬間接着剤の容器やノズルは、
ポリエチレン製で作られているのでキャップをしても
くっつかずに再び使用することができます。

それから、
衝撃や高温にも弱い為、
使用する場所や用途に注意が必要です。


保存方法



使用した後は、
接着剤の容器内の空気を抜き、
ノズルに付着した接着剤を拭き取ってから
キャップをして冷蔵庫にいれておくと長期保存可能なようです。
(使用時は冷えたまま使用すると結露して水分と反応して固まってしまうので、
 常温に戻してから使用してください)

通常は、
密閉容器に乾燥剤と一緒にいれておけば固まらずに
再使用できます。


手についてしまった時の対処法


手にくっついてしまった場合は、
無理にはがそうとせず、

➀40℃くらいのぬるま湯に浸けながら
 ゆっくりもみほぐす。

➁有機溶剤であるアセトンで溶ける為、
 アセトンが含まれる除光液を接着部分に塗る。
 (皮膚の弱い方は注意してください)

➂市販のはがし液を使用する。


接着剤を使用する前に、
手にハンドクリームを塗っておくと
くっついても固まらずに拭き取ることができるそうです。




以上、
瞬間接着剤の雑学でした。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コニシ アロンアルファ 一般用 2g

コニシ アロンアルファ 一般用 2g
価格:228円(税込、送料別)