つらい胃カメラも鼻から入れれば大丈夫?経鼻内視鏡検査の感想。

スポンサードリンク



逆流性食道炎の検査で
生まれて初めて胃カメラを飲むことに。


しかし、
口からカメラを挿入した場面を想像しただけで吐き気が((+_+))

身体が完全に拒否反応を起こしていました。。

「口から入れる胃カメラは絶対に無理だ。」

全身麻酔をしてもらわなくては・・・。

そんな心配で頭がいっぱいでしたが、
診察した病院では
鼻から入れる胃カメラ・<経鼻内視鏡検査>を行っている病院でした!

スポンサードリンク



経鼻内視鏡検査



胃カメラの正式な検査名称は
「上部消化管内視鏡検査」といい、

咽頭部、食道、胃、十二指腸までの観察が行える検査です。

従来の検査では、
口からカメラの付いた管を挿入し行っていた為、

あのツライ「おえっ」という反射反応により
検査を受ける人にかなり大きなストレスを与えてしまうものでした。


胃カメラ


昔、
胃カメラを受けたことのある
会社の上司に検査の感想を聞いたことがあります。
(詳しい表現は記述しただけで吐き気がするので省略させていただきます。)

「とにかく辛すぎる。これだけはもう絶対にやりたくない。」

その話を聞いただけでイメージが頭にこびりつき
僕の身体にトラウマが住み着きました。。(笑)


そんな胃カメラも、
今は鼻から入れることができる「経鼻内視鏡」というものが一般的になり
検査を受ける人にとってかなりストレスが緩和されています。

しかし、
残念ながら、
中には鼻から入れることができない人もいるそうです。



経鼻内視鏡検査が出来ない人



鼻が敏感な人で挿入途中に鼻血が出てしまう人
鼻の穴が狭く、管を通すことが出来ない人
鼻の穴が変形してしまっていて管を通すことが出来ない人

これらの方は、
鼻からの挿入が困難なので口から入れる従来の方法しかないようです。



検査費用は?



胸やけや胃痛などの症状で診察に訪れた方は、
保険が適用されますので、
ほとんどの病院で2000円~数千円程度。

診察とは別で、
健康診断という形式になってしまうと
少し費用が高くなってしまう場合があるようです。



検査前後の注意事項



検査前日は、
細部の観察が出来るようにということと
おう吐などの問題から
当たり前ですが夜9時以降は食事をとることができない。

それから麻酔薬を使うので、
検査後の食事制限や車の運転制限などがあります。


検査内容や注意事項などは、
日本消化器内視鏡学会のホームページに詳細が載っていましたので
こちらを参考にしてみてください!
リンク> 上部消化管内視鏡検査(食道・胃・十二指腸内視鏡)と治療



検査の流れと感想



検査当日は朝9時頃。

病院に着くと
白っぽいお薬を飲まされ、
診察台に横になって鼻の穴に薬を噴射されます。

その後、
麻酔薬を同じように点鼻され
麻酔が効くまでしばらく仰向けのままです。

苦いものがのどに流れてきますが
これは飲み込みます。

のどが熱くなるような感覚になり
イガイガしてきます。

麻酔によってのどの感覚がなくなってきて
唾を飲み込んだり息をするのが少しつらくなります。


管を挿入



麻酔が完全に効き始めると
今度は横向きになり、
潤滑剤を管に塗って鼻からゆっくりと入れていきます。

感覚がないのですんなりとのどまで到達します。

のどあたりにくると
少し気持ち悪さがあります。

唾を飲み込もうとすると
のどに管があたるので違和感がものすごいです。
(反射的に絶えず唾を飲み込もうとしてしまいます。)


最大の難関



のどを通り過ぎると、
消化管の入り口を開かなければなりません。

「おえっ」となるんですが、
我慢して「ごっくん」という動作を行い入口を開かせます。

僕はこれがうまくいかず
何度も何度もやりました。。

ようやく入口を通過し、
少し楽になります。


食道、胃の観察



食道や胃に到達すると、
観察するために管の先端から水のシャワーが出て
消化壁を洗います。

これがなんとも不思議な感覚で
冷たいようなくすぐったいような。

胃を膨らませる為に
かなりの量の空気も入れられるのでお腹が張って結構つらかったです。

その間も、
出てくる唾を飲み込もうとしてしまうので、
その度にのどに管があたってかなりツライ。。
(実際は唾は飲み込まずに外に出してしまうみたいです。)


食道や胃の中を色んな角度から見る為に、
管を出し入れされたり
胃をグイッと押されたりしますので、
検査中は結構不快感があります。

検査中はとにかく我慢あるのみです。。



検査終了



検査時間は15分ほどなのでしょうが、
体感時間はかなり長く感じます。。

じっくり丁寧に隅々まで確認してもらえたので
安心感はありましたが、
やっぱりきつかった。。



検査後は、
入れられた空気でお腹がかなり痛く、
げっぷやおならがかなり出るので恥ずかしいです。

鼻から入れることによって
楽になってはいると思うのですが
つらいものはつらいんだなと感じました。

出来ればもう二度とやりたくありません。



以上、
僕の体験談でしたが
これから検査を受ける方のご参考になれば嬉しいです。

最後に一つ。

唾は飲まずに吐き出しましょう(>_<)


逆流性食道炎につきましてはこちらを読んでみて下さい!
逆流性食道炎とその症状。ガンの疑いもある危険な症状とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です