シーバスのベイトリールタックルをご紹介(morethan PE SV8.1L-TW)!

スポンサードリンク

普段、
シーバス釣りで使っているメインタックルを
ご紹介したいと思います!

まずはリールのご紹介から!

シーバスを始めた頃は
スピニングリールを使っていたのですが、
試しにベイトリールを使ってみたところはまってしまいました。

スポンサードリンク

なので、
今はベイトリールオンリーでシーバスを狙っております。

使用しているリールがこちらです!

1459228950180 [203973]


「DAIWA morethan PE SV 8.1L-TW」
です!






このリールの特徴


➀「TWS(T-ウイングシステム)」


TWSによってキャストした際のライン放出のムラが少なくなり
バックラッシュを抑え飛距離を伸ばしています。

そして、
このリールを購入するにあたって
1番の決め手が

➁「マグシールド」


磁性を持ったオイルでベアリング部をコーティングすることによって
内部への水や異物の侵入を抑え防水と耐久性に優れています!

使用後に水洗いするだけで
初期性能を維持できるというコストパフォーマンスが抜群の機能です!

スピニングリールだと
この機能がついたリールはいくつかあるのですが、
ベイトリールはまだ種類が少なかったのであって本当に良かったです!


使い心地


ギア比が8.1とハイギア使用となっていますので、
低ギアのものと比べると若干重たいかなと感じます。

しかし、
回転自体は非常にスムーズなので
使ってみると全然気になりません。

ハイギアで巻き取りスピードが早いので、
フッキング時のラインスラッグを素早く巻き取ることができるので
バラしが激減しました。


キャスト性能も
マグダイヤル設定で8以上にすれば
ほぼバックラッシュはしません。

6以下にすると
気を抜いたり遠投しようと力んでしまったりすると
バックラッシュは起こってしまいます。

飛距離はだいたい
50~60mは普通に飛ばすことができます。
それ以上は
バックラッシュの危険が伴います。

遠投時のバックラッシュは
高い確率でラインが切れてしまい
ルアーだけ飛んで行ってしまう事故が多発します。。
それが唯一のネックです。


マグシールド機能のおかげで
海水使用後は水洗いするだけでその後の使用に
一切の問題を起こしません。

しかし、
オイル切れが早いのか
水洗いを行わなくても4~5回使用すると
キャスト時に異音が鳴り始めます。

なので
こまめな注油メンテナンスが必要になります。


使用前の注意事項



このリールは
使用前にメカニカルブレーキの0調整が必要となります。

飛距離調整もメカニカルブレーキではできないリールとなっていますので
注意してください。
(飛距離調整はマグダイヤルのみです)

0調整はこの動画を参考にしてください。




最後に



定価51000円と
ちょっと高い買い物でしたが
シーバス用ベイトリールに求める要求を
全て高い領域で満たしてくれたので非常に満足しています。

今後は、
海で青物を狙ったり
メタルジグでの使用をしてみたりして
じっくり性能を味わっていきたいと思っています。


ダイワ 14 モアザン PE SV 8.1L-TW(左)(50000)

ダイワ 14 モアザン PE SV 8.1L-TW(左)(50000)
価格:49,572円(税込、送料込)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です